家計・仕事・暮らしと女性の現在 平成15年 - 家計経済研究所

家計経済研究所 暮らしと女性の現在

Add: itytahow74 - Date: 2020-12-03 01:49:26 - Views: 8356 - Clicks: 8102

1%)が心 配なく暮らしている。 なお、平成28年「高齢者の経済・生活環境. 家計経済研究所『家計・仕事・暮らしと女性の現在―消費生活に関するパネル調査 第10年度』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することも. 家計・仕事・暮らしと女性の現在 家計経済研究所編 (消費生活に関するパネル調査 / 家計経済研究所編, 家計・仕事・暮らしと女性の現在 平成15年 - 家計経済研究所 第10年度) 家計経済研究所,. 1%、「家計にあまりゆとりはないが、そ れほど心配なく暮らしている」が54. See full list on stat. 持家世帯類型別床面積構造【平成15年】 4人以上世帯の持家住宅の29%は 100㎡未満(294万世帯) 【住宅ストックと世帯数の推移】 (19. 前掲第2-1-1図でみたように、雇用者の共働きが増加しているが、以下ではこの共働き世帯の消費に着目して分析する。1990年頃からの共働き世帯の増加には女性が短時間労働者として働くことが影響していたが、近年では夫婦ともにフルタイムで働く世帯が若年世帯で増えていることが指摘されている(大石、)。前掲第1-2-4図でみたように、妻が25~64歳の夫婦を対象に、年と年における妻の就業率を夫の年収階級別にみると、すべての世帯で就業率が増加していることがわかる。また、就業率の上昇は、パートタイムだけでなく、フルタイムとして働く女性の増加も寄与していることから、夫婦ともにフルタイムで働く世帯の増加が考えられる。さらに、夫の年収が高ければ妻の就業率が下がる傾向(ダグラス=有沢の法則)が、年と比較すると年は弱まっていることもみてとれる。 このように共働き世帯が増加することは、世帯所得を押上げ、消費動向にもポジティブな影響を与えることが期待される。この点をより詳しく確認するために、同一の世帯に関するデータを時系列で記録した追跡調査を用いて8、片働き世帯が共働き.

全国の全ての世帯のうち,総務大臣の定める方法により選定された世帯を対象とし,二人以上の世帯と単身世帯とに分けて調査を実施した。 なお,次に掲げる世帯は,世帯としての収入と支出を正確に計ることが難しいことなどの理由から調査の対象から除外した。 (1)二人以上の世帯 1. 「6 調査事項」の「(1) 家計上の収入と支出に関する事項」については,二人以上の世帯では9月1日~11月30日の3か月間,単身世帯では10月1日~11月30日の2か月間,調査世帯が家計簿に毎日の収入(勤労者世帯及び無職世帯のみ)と支出を記入し,調査員がこれを集めた。なお,家計簿は,収入と支出を記入する「家計簿A」と収入と支出のほかに「6 調査事項」の「(2) 品物の購入地域に関する事項」及び「(3) 品物の購入先に関する事項」を記入する欄を設けた「家計簿B」の2種類を用い,9月及び10月(単身世帯は10月のみ)は「家計簿A」,11月は「家計簿B」により調査した。 「6 調査事項」の「(4) 主要耐久消費財等に関する事項」については,調査世帯が「耐久財等調査票」に10月末日現在で記入し,調査員がこれを集めた。 「6 調査事項」の「(5) 年間収入及び貯蓄・借入金残高に関する事項」については,調査世帯が「年収・貯蓄等調査票」に11月末日現在で記入し,調査員がこれを集めた。 「6 調査事項」の「(6) 世帯及び世帯員に関する事項」及び「(7) 現住居及び現住居以外の住宅・宅地に関する事項」については,二人以上の世帯は9月1日現在で,単身世帯は10月1日現在で調査世帯が「世帯票」に記入し,調査員がこれを集めた。 なお,調査票の回収において,調査票を調査員に提出するか電子調査票を用いてオンラインで回答するかを,調査票ごとに調査世帯が選択できるようにした。(平成26年調査オンライン回答率=5. 10 消費生活に関するパネル調査 / 家計経済研究所編 第10年度. これまで世帯属性に分けて消費動向をみてきたが、こうした分析結果を整理するとともに、今後の消費の活性化に向けた課題を考察する。 まず、これまでの分析によれば、高齢者だけでなく若年者も含めて、平均寿命が長くなる中で、老後への備えの意識が高まっていることが現在の消費を抑制している可能性が強く示唆されており、こうした老後への不安を軽減することが重要である。高齢世帯は、本来消費可能な水準よりも低い消費を行っており、その背景には予備的動機が大きいと考えられるが、近年では遺産動機も高まっていることが示唆される。また、若年世帯についても、老後への備えもあり、長期的な観点から貯蓄しようとしている。こうした貯蓄に対する意識が高いことは他の調査結果からもみられており、支出を増やしたい項目として、20代~50代の第1位と60代の第2位で「貯蓄などの財産づくり」となっている25。貯蓄に回したいと考える背景の一つには、老後や医療等に対して将来的にどの程度の費用が必要となるのかが予想ができないという不安が予備的動機を通じた貯蓄増加につながっていることが指摘されている(吉川他、)。将来の不確実性を下げ、. 上記でみたように、高齢世帯は貯蓄を取り崩して消費しているものの、実際の消費額は合理的消費額を下回っており、特にこの傾向はより多くの資産を持っている世帯において強いことが示された。実物資産も考慮すると消費可能な額はさらに高くなるため、上記でみた比率はさらに低下することが示唆される。では、高齢者が合理的な水準まで消費しない背景にはどのようなことが考えられるだろうか。 この背景として、将来の不測の事態へ備えるための予備的動機が大きいとの説(例えばホリオカ・新見())や、遺産動機の存在を強調する説(例えばMurata())などがある7。ここでは60歳以上の者を対象に金融資産を保有する理由を聞いたアンケート調査(金融広報中央会)により、これらの点を確認する。第2-2-5図は、この調査における~18年の回答割合と、~09年との変化について、2人以上の世帯と単身世帯で別々にみたものである。2人以上世帯・単身世帯ともに、貯蓄理由としては、老後の生活資金との回答が最も多く、次いで病気や不時への備え(予備的動機)が多い。遺産動機の回答は2人以上の世帯で5位、単身世帯で. 第10年度 消費生活に関するパネル調査報告書「停滞する経済、変動する生活」(年10月) 消費生活に関するパネル調査-平成15年版; 財団法人家計経済研究所編集; 国立印刷局発行. 外国人世帯 (2)単身世帯 1. 経済面で対等に近い夫婦の家計の実態は,従来的な家計補填的意味合いの強い妻がパートの家計と何が異なり,何が共通しているのか。 両者の比較を通じ,「世帯」の内実が変化する中での家計のあり方を探ることで,今後の家計研究・調査への新たな視座.

8%と過去最高を更新した。企業による女性の. 家計・仕事・暮らしと女性の現在 消費生活に関するパネル調査―平成15年版― (第10年度)(年10月) 停滞する経済、変動する生活 消費生活に関するパネル調査―平成14年版― (第9年度)(年11月). 著書 第3章 社会経済的地位と主観的健康感 「家計・仕事・暮らしと女性の現在-平成15年版消費生活に関するパネル調査(第10年度) (単著) : 4. 15歳未満の単身者 4. とりがあり、まったく心配なく暮らしている」 が20. 0%) 65歳以上の単身及び夫婦の持家 住宅の54%は100㎡以上(313万 居住者のいない住宅 799万戸 (60. . ここから本文です。 平成23年社会生活基本調査 社会生活基本調査は,1日の生活時間の配分と過去1年間における主な活動状況などを調査し,その結果は,仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進,男女共同参画社会の形成,少子高齢化対策等の各種行政施策の基礎資料として利用.

0%が大学進学(平成8(1996)年度時点18歳) であり, 平成29() 年度に18歳になった女性は,半数の50. 1 調査の目的 所得水準の向上,国民生活の多様化,個人意識の高まり等により,世帯において個人の自由にできる収入及び支出が増加しており,家計簿のみでは世帯における全ての消費実態を把握することが困難になっている。 そこで,家計簿に加えて「個人収支簿」を導入し,世帯員ごとに個人の自由裁量による収支を記入してもらうことにより,使途不明のこづかい等の内訳を解明するとともに,消費構造の詳細な把握,個計化の状況把握のためのデータを得ることを目的としている。 2 調査の範囲 (1) 調査市町村 平成26年9月1日現在で家計調査の対象となっている168市町村を調査した。 (2) 調査単位区(一般単位区) 調査市町村のうち,平成26年3月,4月及び5月に家計調査を開始した調査単位区(一般単位区)において調査した。 (3) 調査世帯 平成26年8月,9月及び10月に家計調査の家計簿の記入が終了した二人以上の世帯のうち,調査単位区(一般単位区)ごとに1世帯を抽出し,全国で673世帯について調査した。 3 調査の実施期間 家計調査の家計簿記入終了月の翌月(平成26年9月,10月又は11月)の1か月間調査を実施した。 4 調査事項 「個人収支簿」及び「家計簿C」により,次の事項を調査した。 「個人収支簿」は,各調査月の1日現在で18歳以上の世帯員(家計簿記入者を含む。)について,個人的な収支の内訳とその金額を調査した。 「家計簿C」は,家計のこづかいに関する支出のみの内訳とその金額を調査した。 5 調査方法 「個人収支簿」及び「家計簿C」は調査世帯員及び調査世帯が記入し,「個人収支簿」は調査世帯員が密封し,「家計簿C」とともに調査員がこれを集めた。 (注) 個人的な収支とは,個人の自由裁量による収支のことをいう。. 週刊女性年12月15日号. 二人以上の世帯の対象除外(a,b及びd)に該当する者 2. 家計・仕事・暮らしと女性の現在 フォーマット: 図書 責任表示: 家計経済研究所編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 国立印刷局,. 次に、若年者の日常の生活行動変化が消費に与え得る影響について考察する。具体的には総務省「社会生活基本調査」により、39歳以下の生活時間が1986年と年を比較した際に変化がみられるのかについて分析を行った(第2-2-9図)。対象とする曜日は平日と日曜日、対象者は、主に仕事をしている者、家事などのかたわら仕事をしている者、家事をしている者の3者である。 曜日・対象者によらず、全般的に共通している内容として、テレビ・ラジオ等の時間、家事の時間、交際・付き合い時間が減少する一方、休養・くつろぎ21、育児、趣味・娯楽、身の回りの用事22の時間が増加している。前掲第2-2-8図では、テレビ等が含まれる教養娯楽用耐久財や交際費の消費シェアが減少していることを指摘したが、生活時間でみても同様の傾向が見られていることがわかる。また、家電の性能向上もあって、特に家事をしている者の家事時間が大幅に減少している。 休養・くつろぎ、育児、趣味・娯楽時間の増加の背景には、よりゆとりのある生活をしていることや家族との時間・団らんを大事にしていることに加え、パソコンやスマートフォンによるゲームや動画視聴. 平成16年4月 内閣府経済社会総合研究所編☆ ☆ 本調査は、内閣府経済社会総合研究所が財団法人家計経済研究所に委託 した「日本・スウェーデン家庭生活調査報告書」である。. 社会施設及び矯正施設の入所者 6.

調査対象の選定は,二人以上の世帯と単身世帯とに分けて行った。 なお,抽出に当たっては,他の標本調査の対象になった世帯が続けて選定されないように配慮した。 (1) 二人以上の世帯 a. 調査市町村の選定 市については,平成26年1月1日現在の全ての市(791市。東京都区部は1市とみなす。)を調査市とし,町村については,平成26年1月1日現在の929町村から212町村を選定した。 b. 調査単位区の選定 調査市町村から,合計4,696調査単位区(1調査単位区は平成22年国勢調査の近隣する2調査区)を選定した。 c. 調査世帯の選定 各調査単位区から11世帯を系統抽出し,全国で51,656世帯を選定した。 (2) 単身世帯 a. 調査単位区の選定 単身世帯については,二人以上の世帯を調査する全国の調査単位区のうちから選定した。 b. 調査世帯の選定 各調査単位区から1世帯を抽出し,全国で4,696世帯を選定した。 ※標本設計の詳細については、「標本設計」のページに示すとおりである。. 上記の分析は、妻が未就業の状態から就業した場合に世帯の消費がどのように変化するかをみたものであるが、出産・結婚等でそもそも労働市場から退出しない女性が増えていること踏まえれば、一度も片働き世帯にならない世帯も増加していることが考えられる。そこで、総務省「全国就業実態調査」(年)より、世帯主が60歳未満の共働き世帯と勤労者世帯全体の平均12とを比較することで、全般的な共働き世帯の消費にどのような特徴があるのかを確認する(第2-2-7図)。 まず、可処分所得・消費支出額の水準の差を比較すると、共働き世帯の方が勤労者世帯平均と比較して、可処分所得が11~13%、消費支出額が7~8%程度高くなっている。このことは共働き世帯の消費性向が勤労者世帯平均よりも低いことを示唆しており、事実、共働き世帯の平均消費性向は3~4%程度勤労者世帯平均よりも低くなっている。 勤労者世帯の支出額を100とした場合の共働き世帯の項目別支出額について、39歳以下の世帯と40~59歳の世帯に分けてみると、共働き世帯においては、年齢階級によらずほとんどすべての項目において100を上回っていることが確認できる. 樋口美雄・太田清・家計経済研究所(編『女性たちの平成不況――デフレで働き方・暮らしはどう変わったか』日本経済新聞社,311p.¥1890 ISBN-10:ISBN-13:amazon/kinokuniya. ページ: 71-83. 資料:厚生労働省「国民生活基礎調査」(平成29年) (同調査における平成28()年1年間の所得) 図1-2-1-5 年齢階級別ジニ係数(等価再分配所得) 0. 現在の家計調査のルーツをたどると、大正5年に行われた「東京ニ於ケル二十職工家計調査」までさかのぼります。 その後、大正15年には初の全国規模の家計調査として、現在の総務省統計局にあたる当時の内閣統計局が、約6,500世帯を対象に1年間の統計調査. 家計・仕事・暮らしと女性の現在 消費生活に関するパネル調査―平成15年版― (第10年度)(年10月) 在庫なし; 停滞する経済、変動する生活 消費生活に関するパネル調査―平成14年版― (第9年度) (年11月) 在庫なし. 前出の内閣府の世論調査によると、若年者における生活の満足度は高いものの、将来に備えることに力を入れたいと回答する割合も高く、前掲第2-2-2図のように、若年世帯では貯蓄性向の上昇(消費性向の低下)が観察されている。消費性向が低下している要因の一つには、2人以上の若年世帯で持ち家率の上昇により住宅・土地負債が増加しており(前掲第2-1-7図)、住宅ローン返済のために消費額を減らしていることが考えられる。 ただし、単身世帯でも消費性向の低下がみられていることもあり、若年世帯における貯蓄性向の上昇には、住宅ローン以外の要因も影響している可能性が考えられる。そこで、アンケート調査(金融広報中央会)より、20・30代がどのような理由で貯蓄しているかを確認する(第2-2-11図)。2人以上の世帯においては、「こどもの教育資金」との回答割合が約70%弱と非常に高く、病気や不時の災害への備え(予備的動機)、老後の生活資金、旅行・レジャーの資金、住宅取得と続いている。単身世帯については、予備的動機や特に目的はないとの回答割合が高く、老後の生活資金、旅行・レジャーの資金と続く。2人以上の世帯では、子.

0%となっ ており、合わせると約4分の3(74. 年の経済財政白書では、eコマース市場の拡大が~年にかけて約11%平均の急 成長だったと紹介している。 そして、ネット消費は、衣類、家具、家電では家計の支出額を節約した。. 下宿屋又は賄い付の同居人のいる世帯 3. 平成17年4月 内閣府経済社会総合研究所編☆ ☆ 本調査は、内閣府経済社会総合研究所が財団法人家計経済研究所に委託 した「日本・フランス・ドイツにおける家族・家庭生活に関する調査報告 書」である。. . 雇用者を同居させている単身者 5. 99歳となっている。65歳で会社を退職する場合について考えてみると1、男性 は15年近く、女性は20年以上、引退後の生活が続くことになるが、その生活は、どのよ うなものになるであろうか。本稿では、高齢者の生活の現状と課題について、経済的側面.

10 形態: iii, 214p ; 26cm 著者名: 家計経済研究所 シリーズ名: 消費生活に関するパネル調査 / 家計経済研究所編 ; 第10年度. 1%となるなど、持ち直してきている。 次に、貯蓄率の動向をみると(第2-2-1図(2))、長期的に低下傾向にある。1980年頃には15%を超えていた貯蓄率は緩やかに低下していたが、所得の伸びが鈍化したことを主要因に貯蓄率の低下テンポは年頃に加速す. 5%) ※調査票は,「調査票」のページに示すとおりである。. 全国消費実態調査は,国民生活の実態について,家計の収支及び貯蓄・負債,耐久消費財,住宅・宅地などの家計資産を総合的に調査し,全国及び地域別の世帯の消費・所得・資産に係る水準,構造,分布などを明らかにすることを目的とした調査である。 この種の調査としては毎月実施されている家計調査があるが,その主な目的が全国平均の家計収支の時系列の動きを明らかにすることにあるため,調査規模が約9,000世帯と小さく,詳細な構造分析を行うことができない。そこで,今回の全国消費実態調査では,家計調査からは得られない詳細な結果を得るために標本数を約56,400世帯(うち単身世帯約4,700世帯)とし,年間収入階級別,世帯主の年齢階級別などの各種世帯属性別あるいは地方別,都道府県別などの地域別に家計の実態を種々の角度から分析した。 今回の調査では,近年多様化している世帯の消費行動や少子高齢化による社会・経済状況の変化を踏まえ,育児・介護と所得・消費に関する実態を詳細に把握するため,世帯員単位に育児休業の取得状況や介護の状況を新たに調査した。また,自然災害による被災と資産・消費の関係を把握するため,罹災証明書の取得状況などを新たに調査した。 調査の内容は,過去11回の調査と同様に,家計上の収入と支出,主要耐久消費財の所有数量,貯蓄現在高及び借入金残高(昭和44年調査から開始)を調査する。昭和39年調査から昭和59年調査まで調査していた品目の購入先は平成6年調査から再び調査をし,今回も調査した。.

国民皆保険・皆年金の実現した1961(昭和36)年当時は高度経済成長期に当たり、第1次オ 国民皆保険・皆年金が実現された1961(昭和36)年頃(1960(昭和35)~1963(昭和38)年)と現在 ((平成17)~(平成22)年)はどのように変化したのか?. 災害 コロナウイルス 感染症 家計 仕事 経済. 生活経済からみる福祉ー格差社会の実態に迫るー (単著) : 3. 欧州経済見通し-経済再停止からの再起動を目指す欧州 年12月15日. 10 平成15年版. 統計分析を理解しよう:自由度の概念と活用について 年12月15日. ここから本文です。家計調査年報(貯蓄・負債編)平成25年(年) この報告書は,年の家計調査(貯蓄・負債編)の結果を取りまとめたものです。 家計調査は,全国の世帯(学生の単身世帯を除く。)を調査対象として,国民生活における家計収支の実態を明らかにすることを目的として.

48 平成28年版 厚生労働白書 第 2 章 高齢期の暮らし、地域の支え合い、健康づくり・介護予防、就労に関する意識 合が18. 1%)。年には住宅戸数合 年には住宅戸数合 計は6,000万戸を超え、総世帯数に対して住宅ストック数が約2割となる見込み。. 病院及び療養所の入院者 7. 住み込みの雇用者が4人以上いる世帯 4. 3点目として、若年者の消費動向について分析を行う。前掲第2-2-2図でみたように、若年世帯における平均消費性向は減少傾向にあり、若者がなぜ消費しなくなっているのかについては様々な議論がされているが16、ここではより長期的な動向から若年者の消費動向を整理する。 まず、近年の若年世帯の消費パターンが、バブル期以前の高成長時代の若者世帯とどのように異なっているのかみてみよう。第2-2-8図は、39歳以下の2人以上世帯・単身世帯の各消費支出項目のシェアについて、年と1984年の差分をとったものである。なお、図中において値がプラスであれば、年における該当支出項目のウェイトが1984年より大きいことを示している。 2人以上世帯・単身世帯に共通する特徴としては、通信費、家賃・地代、上下水道料、調理食品といった項目のウェイトが高まっているのに対し、交際費のウェイトが減少していることが指摘できる。それぞれの背景について順に考察していこう。まず、通信費シェアの拡大には、インターネットやパソコン・スマートフォンの普及等が影響していると考えられる。特に20~39歳におけるスマートフォンの. 以下では、高齢世帯、共働き世帯、若年世帯の3つの世帯属性別に分けて、消費動向を詳細に分析していく。まず、高齢世帯であるが、通常の「ライフサイクル仮説」に基づけば、人々は若い時に就業し、稼いだ所得の一部を貯蓄することで老後に備え、老後は貯蓄してきた資産を取り崩すことで生活費を補うとされている(Modigliani and Brumberg, 1954)。事実、前掲第2-2-2図でみたように、無職世帯を含めた高齢世帯の消費性向は100%を越えていることから、高齢世帯は貯蓄を取り崩すことで消費をしており、ライフサイクル仮説が当てはまっているようにみえる。しかし、その取り崩し額がライフサイクル仮説の想定よりも低いため、実際の消費水準は、ライフサイクル仮説における消費水準(以下、「合理的消費額」という)を下回っていることが指摘されている3。 ここでは総務省「家計調査」のデータを用いて、合理的消費額に対する実際の消費額の比率について、家計の分布を確認するとともに、資産階級別にも比較を行うことで、高齢者の消費水準について考察を行う。分析対象は65歳以上の無職世帯(2人以上の世帯)とし、合理的消. 家計経済研究所編 家計経済研究所. 平成15年度 家計・仕事・暮らしと女性の現在-消費生活に関するパネル調査(第10年度)報告書.

「ひとつは現在の第3波がおさまらずに感染者が増え続けることが考え. 料理飲食店又は旅館を営む併用住宅の世帯 2. 人材枯渇時代を生き抜く地域戦略 ~年版九州経済白書より~ 公益財団法人九州経済調査協会調査研究部 次長 大谷友男: 調査: 第15回 家計と暮らしに関する調査: レポート: 長崎県内の将来人口推計(?) ~年のすがた~ ながさき暮らしのデータbox. 家計経済研究所作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。 また家計・仕事・暮らしと女性の現在―消費生活に関するパネル調査 第10年度 (平成15年版)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。.

See full list on www5. 平成15年度 約1割まで減少 結婚後も女性が働くことを支持する男性がどんどん増え、現在、出産後再就職賛成派とキャリアの中断なし派を合計すると、7割近くの男性が女性の就業について肯定的な考えをもっているようです。. 学生の単身者 3. 調査世帯について,次の事項を調査した。 (1) 家計上の収入と支出に関する事項 収入は,勤労者世帯及び無職世帯についてのみ,その種類と金額を調査するとともに,収入に伴う控除(税金,社会保険料など)についても,その種類と金額を併せて調査した。また,現物収入は,品目ごとに,その入手方法,品名及び見積り金額を調査した。 支出は,全ての世帯について,現金支出,口座自動振替による支払及びクレジットカード,掛買い,月賦,電子マネーによる支払に分けて,品名,用途及び支出金額を調査した。 (2) 品物の購入地域に関する事項 購入した全ての品物・サービス(通信販売などを除く。)について,その購入地域別(現住居と同じ市町村,他の市町村(県内),他の市町村(県外))に調査する。なお,購入地域は11月のみ調査した。 (3) 品物の購入先に関する事項 購入した全ての品物・サービス(預貯金や有価証券の購入などを除く。)について,その購入先の販売形態別(一般小売店,スーパー,コンビニエンスストア,百貨店,生協・購買,ディスカウントストア・量販専門店,通信販売(インターネット),通信販売(その他),その他)に調査した。なお,購入先は11月のみ調査した。 (4) 主要耐久消費財等に関する事項 耐久消費財は,家具類,冷暖房用器具,一般家事用品,教養娯楽用品,自動車など約30品目について所有数量,取得時期(過去1年以内,過去1年~5年以内,過去5年を超える時期)を調査した。 (5) 年間収入及び貯蓄・借入金残高に関する事項 年間収入は,世帯主,世帯主の配偶者,その他の世帯員(65歳未満,65歳以上)について,過去1年(平成25年12月~26年11月)の収入を種類別に調査した。 貯蓄は,預貯金(銀行,社内預金など),生命保険掛金などの払込総額,信託,株式及び債券などの有価証券について,種類ごとに平成26年11月末の現在高を調査した。なお,個人営業世帯などの貯蓄には,家計用だけでなく営業のための分も含めて調査した。 借入金残高は,月賦・年賦の未払残高,住宅の購入・建築・増改築,土地の購入のための借入金残高及びそれ以外の借入金残高について,平成26年11月末の現在高を調査した。 (6) 世帯及び世帯員に関する事項 世帯員については,氏名,世帯主との続き柄,性別,年齢,配偶者の有無,就業・非就業の別(就業.

家計・仕事・暮らしと女性の現在 平成15年 - 家計経済研究所

email: upujed@gmail.com - phone:(335) 587-9132 x 4714

ビジュアル 教養大事典 - 北村京子 - コリント後書講義 小川修パウロ書簡講義録

-> こころを満たす仏像うつし描き 菩薩編 - 木島昌利
-> 失敗しないベランダ園芸草花 - 肥土邦彦

家計・仕事・暮らしと女性の現在 平成15年 - 家計経済研究所 - 阿部慎之助 GIANTS選手カレンダー


Sitemap 1

急戦でつぶせヤグラがなんだ - 田中寅彦 - にぎりめし